逆援助成功のカギ

逆援するなら年上、人妻がいちばん?人妻と親密になる方法

投稿日:2016年8月23日 更新日:

逆援助交際を目指すときには、相手選びが重要です。その女性のルックスや目的、過去の恋愛経験などを見て、将来的に逆援に発展しそうな人と仲良くすることが大事なんですね。

その相手選びの基準のひとつとして、年齢があります。逆援といえば年上のお姉さんに面倒を見てもらうといったイメージがありますが、果たして年上のほうが良いのでしょうか。

たしかに、年上のほうが逆援に期待できることは間違いありません。それは何故かというと、年上が年下に奢る、といった構図は、日本においては一般的であるからです。

相手が年下だと、何かを奢ってやったりすることにそれほど抵抗を感じないんですね。また逆に、年下に支払いをしてもらうと、申し訳ないなと感じる人は多いでしょう。

逆援助交際をするには、その女性にまずは何かを奢ってもらうというところから、徐々に金銭援助のほうへと持っていかなければなりません。相手が年上だと、その第一段階をクリアしやすいといえるのです。

それに、ある程度歳の行った人だと、経済的余裕もあります。学生の頃なんかは、みなさんも貧乏で困ったことが一度くらいあると思いますが、たとえば女子大学生なんかに逆援助を期待するのは間違いです。

それはもちろん、彼女らは自分の生活で手一杯だからですね。どれだけあなたのことが好きでも、お金を渡してまで関係を続けようとは考えないでしょう。

しかし、社会人として働いている女性や、人妻は、経済的に安定しているため、逆援助に期待できます。

その援助額は、数千円ということもありますが、逆援ができる可能性はあるのです。そしてそのような、社会人として働いていて、安定した収入のある女性や、人妻は、歳が上になるにつれ増えてきますよね。

お金を渡せるだけの余裕がある、かつ年上は年下に奢るものだと考えている、この2つの理由から、年上のほうが逆援に発展する可能性が高いと言えるのです。

ただし、年下だと逆援のチャンスがないというわけではありません。収入が安定していて、あなたに金を渡すだけの余裕があり、かつあなたに金を払ってでも傍に置いておきたいと思うほどの価値を見出していれば、逆援に発展する可能性はあります。

ただ相手の収入が最初はわかりませんし、「逆援する余裕ある?」なんて訊くわけにもいきませんから、年上を狙ったほうが効率的だという話ですね。

人妻を狙うのが効果的?

もしあなたが援助額にこだわらないのであれば、人妻を狙うのが効果的です。人妻は、不倫相手を見つけたときに、その人に依存しやすいのです。

それが「金を払ってでも――」という気持ちを生むこともあるのは、言うまでもありません。なぜ人妻が不倫相手に依存してしまうのかというと、第一に、旦那に飽き飽きしているため、新たな恋人が実際以上に魅力的に見えてしまうからです。

第二に、絶対に秘密を守ってくれる、信頼できる人との交際は、できれば手放したくないと思うからです。

みなさんも、ある女性と長く付き合っているとマンネリのような感じになっているとき、別の女性が妙に魅力的に見えたりすることはあるのではないでしょうか。

彼女以外の女性とパーッと思い切りセックスしたいという衝動に駆られたことはないでしょうか。そういう気持ちが湧く原因は、比較対象が自分の彼女であるからです。

今、ちょっと飽きつつある女性(恋人)と、それ以外の女性とを比べるから、後者が実際以上に魅力的に見えるわけですね。

それは人妻が不倫相手に依存する心理とよく似ています。もうつくづく飽きてしまった自分の夫と比べるからこそ、不倫相手のことがものすごく魅力的な男性に見えるのです。

この人と結婚できればよかったのに、と思う女性もいるでしょう。不倫の体験談なんかを見ていると、どう考えてもクズとしか言えないような男性と不倫して、しかもその人のことを旦那より上だと考えてしまっている女性はかなり多いです。

よほど今の夫のことが嫌だったんでしょうね。これは不倫相手に依存するメカニズムを示していると言えるでしょう。

次に、秘密を守る、守らないについてですが、これは人妻にとってはきわめて重要なことです。不倫はどこからバレるかわかりません。

自分も気をつけなければなりませんが、不倫相手の協力も必要となります。そのあたりの管理がずさんな男だと、たとえば周りに「俺最近、人妻とさあ――」なんて話してしまうかもしれません。

不倫がばれると、家族を失うのはもちろん、両親や知人友人からの信用や、数百万レベルのお金を失うことになります。できることなら口の堅い男性と付き合いたいという女性が多いのは、当然のことと言えるでしょう。

したがって、秘密を守ってくれる男性、信頼できる男性を見つけたとき、そういう人はそう多くはありませんから、人妻はできればその人を手放したくないと考えます。次の不倫相手が口の堅い人だとは限らないからです。

そのため相手に依存してしまう、依存しやすいと言えるわけですね。

人妻を落とすには?

それでは人妻を落とすにはどうすればよいのでしょうか。まずは、出会い系サイトに登録してください。

人妻は、匿名で利用できて、かつ出会いを探すのに効率がいい出会い系サイトを使って、不倫相手、あるいはちょっとした友達を探す傾向にあります。それらのサイトで人妻さんにアプローチをしましょう。

ポイントとしては、いきなりエッチなことは言わないこと、まずは愚痴を聞いたりして仲良くなることを目標とすることです。人妻は、何もセックスだけを目的としているのではありません。

独り身であったときのように恋愛をしたいという気持ちが強いのです。今の夫といるよりも楽しい時間を過ごさせてくれる人、恋愛ごっこのできる人を求めているわけで、セックスがしたいだけの男には興味がありません。

いきなりエッチなことは言わずに、メル友など、そういうところから始めるのがベストとなります。

なお、人妻で、最初からセックスありきの出会いを求めている女性の大半は、お小遣い稼ぎ=援交を目的としているので、相手にしても実りはほとんどないと思われます。友達募集なんかをしている女性を狙うのがベストです。

次に、愚痴を聞いたりして仲良くなるということですが、まさか「愚痴聞きますよ」なんていきなり言うわけにもいきませんから、「結婚生活ってやっぱり大変ですか?」というふうに、結婚や夫婦について「教わる」という姿勢を見せて、そこから話を押し広げていくのがポイントです。

そのように言えば、私は人生の先輩よ、とばかりに、人妻たちは勢い込んで話し始めると思いますから、そこで「頑張っててすごいですね」とか「○○さんみたいな人と一緒だったら幸せなんだろうなあ」とか言っていい気分にさせてやりましょう。

旦那のことを愚痴り始めたら、「うーん、それはちょっと気遣いが足りないですよねえ……」などと、言い過ぎにならないように気をつけながら、彼女の言うことに賛同し、味方をしてあげてください。

このように話していれば、少しずつ距離が縮まっていきます。連絡先を交換できるかどうかは相手次第ですが、しばらくやりとりをしたところで、一応は連絡先の交換を申し出るようにしてください。

「迷惑になる時間は絶対に連絡しないので」などと言えば相手も安心するはずです。

渋るようなら、フリーアドレスを彼女のために取得してあげるなどしましょう。出会い系サイト内でやりとりを続けてもいいですが、どれだけ投資しても会えるかどうかはわかりません。

気にせずにサイト内でやりとりを続けていくと、振られたときの損失がどんどん大きくなっていきます。

1万、2万と使って「やっぱりあなたとは会えません」なんて言われる可能性もありますので、できれば連絡先の交換はしたいところです。

デートへの誘い方は?

人妻をデートに誘うときには慎重を期してください。基本的に、彼女らは平日の昼に会うことを望みます。

土日は家に夫がいるため、家を空けるのが難しいという場合もありますから、なるべく平日の昼に時間をつくれるようにしてください。

デートへの誘い方は、「ケーキのおいしい喫茶店があるんですけど、一緒にいかがですか?」というふうにするのがベストです。要はエッチなことに繋がらない場所、気軽に行けるデートを提案するのが良いということですね。

あなたとどれだけ仲が良くても、彼女らは不倫のリスクを重々承知しておりますので、何か危ないと思ったらデートを断ることが多いです。

たとえばカラオケとか、自宅とか、そういう二人きりになる場所を提案すると、下心があるのではないかと彼女らは警戒しますから、大勢の人がいるところで、軽くお茶をする、おしゃべりをするくらいのデートに誘うのがよいでしょう。

そういった軽いデートであれば、意外にも、人妻は応じてくれることが多いです。

誰かと食事に行くことは不倫には当たりませんから、「この人信用できそうだし、話してて楽しいし、これくらいなら――」と考えてしまうんですね。

どうやってセックスへ持っていく?

もし会うことができましたら、次は恋人のような関係を目指さないといけません。逆援というのは、女性が、その男性に対して愛情を持っていてこそ成立するものです。

人妻とただの男友達という関係では、どれだけ仲が良くても、援助をしてもらえるということはありません。

恋人に近い関係を築くという意味で、その人妻とセックスをすることが重要となるのです。しかしこれが、相手もガードが堅いですから、これが結構難しいんですよね。

最も確実な方法は、彼女に告白をすることでしょう。つまり「好きになってしまった」と気持ちを打ち明けるんですね。

申し訳なさそうに、こんな自分が嫌だといった雰囲気をかもしだして言えば、相手の同情を誘うことができます。

彼女にとっては、かなり高い確率で、あなたは旦那よりも魅力的な男性であるはずです。

つまりセックスをする、友達以上の関係になること自体には抵抗はないはずなんですね。あとはリスクとの兼ね合いです。一線を越えられるかどうかは、彼女の決意に拠るのです。

彼女があなたの気持ちを受け入れてくれたら、あとは簡単ですね。平日の昼や、たまには土日に家を出てもらって、誰にも見られないよう注意しつつホテルに入り、セックスをする。

彼女のことも気持ちよくさせてあげる、行為の最中にも好きだと告げる。そして体の関係を持った瞬間に態度が変わってしまうことのないよう注意する。このようにして、逆援の土壌を完成させます。

あとは関係を続ける中で、少しずつ、金がないということをアピールしていき、しかしあなたのことは大好きだという態度を崩さずに接していけばOKです。

いずれ彼女が「これで美味しいものでも食べて」と気持ち程度の援助をしてくれる、かもしれません。

逆援できる確率は?

そんなふうにして人妻と関係を持ったときに、援助をしてもらえる確率はどれくらいなのでしょう。それはおそらく数パーセントくらいだと思います。

そもそも逆援というのは簡単なものではありませんので、そこまで頑張って、セックスをすることはできても、援助してもらうことはできないというのが普通なんですね。

これは人妻でなくとも、どんな女性を相手にしても同じことです。過度の期待は禁物ですね。

しかし今の時代、女性はセックスをしてお小遣いをもらうというのが普通で、つまり男性は払うのが当たり前なんですから、そんな状況の中で、タダでセックスができれば、それだけで充分なのではないでしょうか。

逆援助交際は、もしできれば儲けものと考えておいたほうがいいでしょう。実際に「ヒモ」と言われる人がいるように、逆援は実在するものではありますが、そこに辿り着くのは非常に難しいことだというのを、覚えておいてくださいね。

-逆援助成功のカギ

Copyright© 逆援助適性検査! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.