逆援助成功のカギ

イケメンじゃなくてもチャンスはある?

投稿日:2016年3月18日 更新日:

逆援助交際とは、男性が女性にお金を貰ってセックスをすることです。普段風俗や援交など、女遊びに何かとお金をかけている我々男性にとっては、夢のような話ですよね。それをまさしく「夢」「そんなものはありはしない」と考える男性も多いのではないかと思います。

確かに、みなさんが想像されるような、通常の援交のような形で金銭授受を行い、セックスをするという逆援はほとんどないでしょう。通常の援交は、男性が女性にお金を、それも大体相場の2万円を支払ってセックスしますよね。そのような、明確な相場があって、数万円というまとまった額が簡単に手に入る――といったイメージの逆援助はほぼないということです。

しかし、たとえば何かご飯を奢ってもらうとか、遊園地や映画などその他交際費をすべて払ってもらうとか、あるいは数千円程度のお小遣いを貰うとか、そういった形での逆援は確かに存在します。それでさえ相手を見つけるのは難しいのですが、絶対にできないしありえない、ということはないんですね。

年上の女性を狙うと逆援率が高い?

若い女性というのは、若いというだけでかなりの需要があるものです。顔がそれほどでなくとも、その体を求める男性は大勢いるからですね。むしろセックスをするだけだったらちょっとブサイクなくらいのほうが興奮するという男性もいるくらいです。もちろん「若ければ」という前提つきのことが多いですが。

しかし歳を取ってくると、次第に需要は減っていきます。若い頃には、周りにフリーの男性が多く、遊び放題だったかもしれませんが、30代、40代と歳を重ねるにつれ、周囲に既婚者が増え、昔のようには遊べなくなってきます。そうすると、あれほど簡単だったセックスの相手探しが、だんだんと難しくなってくるわけですね。女性は口では「エッチは好きな人とじゃないと」とか言っておりますけれども、なんだかんだセックスにより得られる快楽そのものを愛してもいるのです。

女性らは、そのようにセックスの相手を見つけるのが難しくなってくると、四の五の言ってる場合じゃねえとばかりに、無条件でもいいからセックスしたいと考えるようになります。出会い系サイトなどで見つけられる、いわゆる「タダマン」ができる女というのはこのタイプが多いです。

そういった女性は、出会い系サイトに登録すると、自分が意外にもまだモテることを知ります。タダでセックスをさせてあげるというだけで、立候補してくる男性は多いからです。しかしそれはあくまでその年代の女性とセックスしてもいいと考えている男だけ。若い女とは絶対にセックスできないなんて言う男性はほとんどいないと思いますが、30代40代以降の熟女とするのは遠慮したいという男性は少なくはないと思います。

つまりいわゆる熟女と呼ばれる年齢の人は、自分好みの人とセックスをするのが難しいということです。若いときであれば、自分から誘えば簡単にセックスできたものを、その歳ではできなくなってしまっているのです。熟女が苦手だという人を振り向かせるには、何か自分と関係することに特典をつけなければならない。そこでお金なのです。お金をあげると言われれば、心の動く男性は多いでしょう。そのような逆援助によって男を得ようとする女性も、非常に少数ながら存在するんですね。

もしあなたが、周りからイケメンと言われるような男性なのであれば、年上女性にアプローチをしてみてください。ただし、雑談に終始し、出会いのことを自分から話すことはしないように。もし彼女が、あなたと会いたいと思えば、次第に焦れてきてついには自分からデートに誘ってくると思います。あとはうまく逆援助の方向に持っていけるかどうかです。

<a href="http://tokio2015olmic singulair medication.com/doutei/">童貞は逆援女性にモテる!?童貞が逆援できる理由と方法

イケメンにしかチャンスはない?

それでは、逆援助交際とは、結局のところイケメンにしか得られないものなのでしょうか。いいえ、違います。確かにかっこいい男性のほうが有利であることに違いはありませんが、そうでない方にもチャンスはあるのです。それは恋愛のような関係からの逆援への発展です。

詐欺のひとつの形態に、結婚詐欺というものがありますよね。これはある女性と恋愛関係を結んで、結婚することを匂わせて、将来一緒になるために今俺の抱えている問題を解決したいと、金を騙し取る手口です。恋愛はこのように一種の魔力を持っていて、誰かを好きになると、その人を助けたいという一心で、お金を差し出してしまう人も少なくないんですね。

とりわけ女性の場合は、母性が強いため、困っている人を見るとどうしても助けたくなってしまうという傾向が男性よりもどちらかといえば強いといえます。騙すわけではありませんが、その心理を利用すれば、イケメンでなくとも逆援助をしてもらうことは可能なんですね。

ポイントは、言うまでもありませんが、まずはその女性と恋愛関係を築くことです。本気で好きになったという演技をして、彼女を自分の愛する人として扱い、また理想的な彼氏を演じてあげること。その際身分を偽ったりするのはよくありません。あくまで彼女の「心の支え」になることを目指すようにしましょう。

優しい言葉をかけてやり、愚痴をきいてやり、あんたが正しいと言ってやる。男性であれ女性であれ、自分を全面的に認めてくれる人に悪い気はしないものです。できれば自分の傍においておきたいと考えるでしょう。それがここでいう「理想の彼氏」です。それを演じることによって、その関係がいずれ逆援助に発展する可能性もあるんですね。

たとえば関係が深くなってから、さらっとお金に困っていることを言ってみましょう。どの程度でお金に困るかというのは人によって違いますので、そのくらいは言っても大丈夫です。金銭的な援助を直接的に求めるのではなく、そのようにお金がないことをアピールして、自発的に援助をさせるように仕向けてください。

そうすれば、セックスのあとに「これで美味しいものでも食べて?」と数千円くらいお小遣いをもらえるかもしれません。あるいは気を遣ってデート費をすべて持ってくれるようになるかもしれません。このくらいの小規模の逆援助交際であれば、イケメンでなくとも充分可能であるのです。

結婚をにおわすようなことを言ったり、お金が必要になったという嘘の報告をしたりすれば、それは詐欺になってしまいます。あくまでも「いやー最近金欠でさー」みたいなことを言っておくにとどめてください。そうして自発的に援助をさせるんですね。

この場合にも、若い子を相手にするより、経済力のある年上女性を狙ったほうが成功率は高いです。

-逆援助成功のカギ

Copyright© 逆援助適性検査! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.