逆援助成功のカギ

逆援助で男性は何をする?援助額相場や絶対してはいけないこと

投稿日:2016年8月2日 更新日:

逆援助は、お金をもらってセックスをするのですから、男性にとっては夢のような話ですよね。しかしそれは、実は男性にとっては苦痛に満ちたものになるかもしれないことを、みなさんは分かっていらっしゃいますでしょうか。そうなのです、逆援助というのは、そう甘いものではないんですね。

たとえば風俗嬢で考えてみてください。風俗嬢は、お金をもらっているのですから、客としてやってきた男性にはきちんとサービスを行い、快楽を与えてやらなくてはなりません。たとえそれが、自分の好みとは程遠い人、ものすごく太っている人であったり、見るからに不衛生な感じのする人であったりしても、性器に触れたり舌を這わせたりしなくてはならないのです。それは言うまでもなく、女の子にとってはつらいことでしょう。非常に強いストレスを感じることでしょう。しかし風俗嬢として働くのであれば、そのくらいのことは我慢してやってもらわないと困ります。嫌なら辞めなさいという感じですよね。

それは逆援助交際にしても同じことです。そもそも、お金を払ってまでセックスがしたいと考える女性、お金を払わないとセックスできない状況にある女性は、この世にどのくらいいるでしょうか。タダでセックスをさせてあげると言えば、大体は相手が見つかりますよね。つまりお金を払わないとセックスできない女性というのは、基本的にタダでさせてあげると言っても相手の見つからない人々であるわけです。それこそ、ものすごく太っている、ブサイクである、あるいはかなり偏った性癖を持っている、そういった事情から男性がまったく寄りつかない女性、そういう人が、逆援助交際に手を出すのです。

したがって、逆援で男性が何をするのかというと、通常であればペニスがぴくりとも反応しないような女性を抱く、セックスをするということになります。美人さんにペットとして飼われるような形の逆援を夢見ている人は、相手を探してもたぶんムダですので、諦めたほうがよいでしょう。美人であれば、金なんて渡さずともしたいと思ったときに家に男を呼びつける、通い妻ならぬ通い夫、奴隷に近い存在を見つけることは容易いでしょうから、小遣いをやるなんてことは絶対にありません。

また、逆援助交際をする場合、先ほども述べたように、相手の女性の偏った性癖に付き合うことになる可能性もあります。たとえば1時間ずっとクンニをし続けなさいとか、私のおしっこを飲みなさいとか、そのくらいのことはまだ優しいほうでしょう。もしかするとその女性は、相当にハードなSM趣味を持っていたり、あるいは糞尿に関連するプレイにロマンを感じていたり、露出など犯罪的なプレイを好んでいたりするかもしれないのです。男性がお金をもらいながら、女性と性的なことをするというのは、それだけ難しく厳しいことであるわけですね。それに耐えられるような、それこそ海千山千のAV男優くらいの気概と覚悟を持っていないと、逆援助交際を始める、それを続けていくことは到底不可能と言えるでしょう。

もちろんそのような変態的なプレイを避けて逆援をする方法もないわけではありません。恋愛関係から徐々にヒモとそれを養う彼女といった方向へ持っていくこともできます。しかしそれも非常に時間のかかる、難しいことだということは覚えておいてくださいね。

エッチのテクニックが必要?

この記事を読まれている方の中には、エッチのテクニックにそれほど自信がない、自分がうまいのかどうか分からない、という方もいらっしゃるかもしれません。もし逆援助交際を目指すのなら、彼女を気持ちよくさせるテクニックは必要不可欠ですので、今のうちに身につけておいたほうがよいでしょう。なぜ必要なのかというと、それはもちろん、小遣いをやるだけの価値がある、と相手の女性に思ってもらわないと逆援助交際は中々続かないし、始まりもしないからです。相手が最初から援助ありきで関係を迫ってきたのなら、1回目は小遣いをもらえるでしょうが、あまりに下手だと2回目はありません。ある程度のテクニックが必要となります。

実践で学ぶのがいちばんですから、今現在、セフレや恋人がいないという方は、風俗などに行って技術を磨いてください。相手は風俗嬢ですから、これまでに何人もの男性と行為をしてきて、その中にはものすごく「うまい」人もいたことでしょう。そういう女性に心から気持ちいいと言ってもらえたら、その技術は本物と言って相違ないはずです。相手が演技をする可能性もありますので、「俺下手だからさ、どうされると気持ちいいか、マジのやつ教えてくんない?」みたいに言って、教えを乞うてください。

風俗嬢とはいえ、自分が気持ちよくなることを嫌う人はいませんから、こちらが本気で気持ちよくさせてあげたいと思っていることを伝えれば、快く教えてくれるはずですよ。もちろんその子の性格にもよりますけれどね。よほど無愛想でなければ大丈夫です。

もし風俗に行くだけでは不安だとか、そう何回も行くお金がないというときには、<a href="http://xn--h-k9tybb8g5ivhkczry701afhpm4sru6d singulair generic.net/">女性向けのAVを見て、それを参考にしてください。女性向けのAVというのは、女性目線で女性が興奮できるように作ってあります。そこでなされるプレイ、手マンなどの愛撫等は、すべて女性が気持ちよくなれるような仕方でありますから、それを参考にすれば技術は向上するでしょう。

その他にも、AV女優が教えるセックステクなんていう動画や本はたくさんありますから、そういうものを見て頭に入れておけば、その後役に立つはずです。逆援だけでなく、たとえばセフレを探すときなんかにも役立つはずですから、覚えておいて損はないでしょう。

ルックスが良くないと無理?

女性との出会いを探すとき、ルックスの良いほうが有利であることは、言うまでもありません。それは逆援助交際についても同じことです。あなたが風俗に行くとき、ブサイクよりもできれば可愛い子がいいと思うのと同じように、ルックスの悪いよりは良いほうがいいのは当然のことだと言えるでしょう。

ただし、本当にルックスの良い男性というのは、自ら逆援の相手を探さなくてもいい部分があります。というのは、普通に付き合っているうちに、彼女のほうが彼と離れたくない一心で、生活の面倒を見てしまうということが起きうるのです。女性がホストにハマって借金を作ってしまうのと同じような心理と言えるでしょう。そのため、ルックスの良い男性は、わざわざブサイクな女性を抱いて小遣いをもらおうなどとは考えない傾向にあるのです。べつに見た目が悪くない女性であっても、うまく操れば貢がせることができますからね。

たとえば自分のルックスが悪いせいで、男性に相手をしてもらえないという女性は、逆援を打ち出してもイケメンくんには相手にされないことも多く、ルックスがそれほどでもない男性にも逆援のチャンスはあります。逆援助交際を目指す人が、必ずしもイケメンである必要はないんですね。

ただし、イケメンとまでは行かなくとも、たとえば「中の上」なのか、それとも「中の下」なのかといったレベルで、女性が男性のルックスを見て相手を決めることは変わらないので、かっこいい人のほうが有利であることは間違いないでしょう。あまり自信が持てないというのなら、逆援相手を探すのは、セフレや恋人を探すついでと捉えておいたほうがいいかもしれませんね。もしチャンスがあったら、それを全力で掴み取りにいけばよいのです。

普通の援交とは援助額も違う?

さて、そんな逆援助交際ですが、これは普通の援交とはまるで別物だと言ってよいでしょう。まず援助額相場に大きな違いがあります。女性がお金をもらう側の普通の援交は、ホテル代別で2万円という明確な相場があります。そこにたとえば「生エッチなら3万」「中出しなら4万」というふうに、風俗でいうオプションが用意されていることもありますが、ホテル代別2万円が基準となっているため、相手によって援助額が大きく変わるということは基本的にはありません。

しかし逆援助交際の場合は別です。逆援助交際には、相場というものがないんですね。いくら貰えるかは、その女性次第なのです。1万円ということもあれば2万円ということもありますし、その倍、さらに倍ということもあれば、ほんの数千円程度ということもあります。その女性がお金を持っているかどうか、プレイに満足できたかどうか、あなたと今後関係を続けていきたいと思うかどうかによって、援助額が大きく違ってくるのです。

お金持ちの女性というのは、出会い系など使わなくともコネを使ったり、ホストを誘ったりして自力でセックスの相手を見つけられるでしょうから、出会い系にはほとんどいません。ですから、その女性により多くのお金をもらうには、セックスでどれだけ満足させてあげられるかが問題なんですね。先ほど述べたように、セックスのテクニックを常日頃から磨くようにして、女性を満足させてあげられるように努力しましょう。

それともうひとつ、援交と逆援の間には大きな違いがあります。それは相手を選べないということですね。出会い系サイトで、援交相手を求める書き込みをした女性のもとには、何十人もの男性からメールが届きます。金を払ってでもセックスがしたい、あるいはセックスに2万払うくらいなんでもないと考えている沢山の男性から、メールが送られてくるのです。女性はその中から、自分好みの人、好みとまではいかなくとも「まだマシ」と思える人を選んで、好きに関係を結ぶことができます。そういう、いつでも相手が見つけられる状況にあるため、援交をしている子の中には、いやに態度の悪いのがいたりするわけです。その人に二度と会ってもらえなくても困らないんですね。

しかし逆援助交際の場合は違います。金を払ってでもセックスがしたいという女性は非常に少ないですし、代わりが利きません。しかし向こうは、金を払うといえばさすがに少しは興味を持つ男性がいるでしょうから、あなたのことが気に食わなければ、いつでも切って捨てられる立場にあるのです。

ですから援交をする女性のように、相手に冷たい態度を取ったり、特定のプレイを嫌がったりすることは許されません。彼女と会っているうちは、自分は奴隷なんだと思って、徹底して彼女に尽くしてやる必要があります。これはしたくないなと思うことがあっても、言うことを聞かないといけないのです。こういった背景があるからこそ、逆援がしたいのなら、覚悟が必要になるわけですね。

しかし、もし相手に「良いパートナーだ」と心から思ってもらえれば、普通の援交以上に稼げる可能性を、逆援は秘めています。相場がないだけに、援助額には彼女の気持ちが反映されるんですね。あなたがセックスで彼女のことを存分に気持ちよくさせてあげれば、彼女はおそらく、これほどの男性なんだからきっと他の女性にも好かれるのだろうと考えるはずです。もしかすると他の女性とも逆援をしているかもしれない、と考える可能性だってあります。

そうなれば、自分のことを2番目、3番目と思われるのは嫌だという心理から、こちらは望んでもいないのに、5万6万あるいはそれ以上といった援助をしてくれることもあるかもしれません。それもホストにハマる女性のそれと同じような心理と言えるでしょう。見たこともない誰かと競ってしまうんですね。

その競争心は、おそらく男性も持っているものだと思います。ある女性と付き合ったとき、前の彼氏よりも下だとは思われたくないな、と感じたことは皆さんもおありでしょう。そしてそういう気持ちは、彼女のために頑張ろうという強い意志と行動力を生むものです。それをうまく利用することによって、より多くのお金を稼ぐことができるのです。

援助が数千円のことも?大きく稼ぐには?

それほど多く稼げる可能性を秘めているのが逆援助交際ですが、しかし相手によって振れ幅が非常に大きいというマイナスの面もあります。前述したように、援助額が数千円ということもあるのです。

たとえばセックスの相手が主婦か何かで、あまりお金を持っていない場合には、そうなることもあります。何万円というのは、結婚している女性にとっては非常に大きな額です。自分も働いているのならまだしも、専業主婦となれば、旦那に養ってもらっているわけで、夫にバレずに数万円単位の買い物をするというのは、ちょっと難しいことなのです。

もしバレてしまったら、当然「何に使ったんだ?」となりますよね。しかし逆援相手にお金を払ったわけですから、肝心の「モノ」がないのです。買い物でないことは確かなのです。女性が5、6万円をいちどきに失うような遊びといったら、ホストくらいしか思いつかないですよね。そうなれば、不倫に気づいたときと同じくらい、夫は激昂するはずです。そういうことを避けるため、主婦はたとえ逆援助をするのでも、「これで何かおいしいものでも食べて」といったような、申し訳程度のお金しか渡すことができないのです。

それでもセックスさせてもらえてしかもお小遣いももらえるのですから、ありがたいことには変わりないですが、もしあなたがもっと大きく稼ぎたいというのなら、主婦は避けたほうがよいでしょう。できればどこかの会社に勤めていて、それなりに収入のある女性を狙いたいところです。高学歴でプライドは高く、でも恋愛経験は少ないといったような女は、非常に騙しやすく、貢がせるのも比較的簡単といえますので、もし見つかればそういう女性にアプローチをして、まずは仲良くなることを目指してみてください。尊敬してます、あなたはすごいですといった態度を見せてやればころっと騙されますから。

-逆援助成功のカギ

Copyright© 逆援助適性検査! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.