逆援助をする側、される側が知っておいて欲しい事


逆援助交際というのは、「男性がお金を貰ってセックスをすること」。つまり援助交際の逆パターンですね。そんなものが本当にあるのかと疑われる方も多いでしょうが、逆援助交際は実在します。もちろんそれは簡単なことではありません。女性に、金を払ってでも一緒にいたいと思われるようでなければいけないのですから、当然ある程度のルックスは求められます。しかし相手を選べば、チャンスはあるのです。もしうまくいったら、セックスをしながら金を稼げるという夢のような生活が待っています。

ただし、女性がする場合の援交と、逆援はまったく違います。まずは金額のことがあります。援助交際の場合、ホテル代別で2万円というのが今の相場ですが、逆援の場合、援助額はもうちょっと低くなります。1万円にも届かない、ほんのお小遣い程度であることがほとんどです。それはどうしてかというと、逆援助交際に至る経緯が通常の援交とはまったく違うからです。

普通の援助交際は「条件」「お願い」「パパ」といった隠語を用いて、援交をするものとして相手を募集します。女性は出会い系等の掲示板にそのように書き込みをして、男性に希望の援助額を伝え、彼がそれに承諾したら、会うという流れになるのです。つまり二人が顔を合わせたとき、援助交際をすることは確定しているわけですね。しかし逆援はちょっと違います。たとえば、掲示板に「逆援がしたい」といった内容で書き込みをしたとしましょう。すると、断言してもいいですが、おそらく誰からもメールは届きません。出会い系では、女性側が金を要求するのが当たり前となっており、セックスの相手を募集すれば必ずといっていいほど援助OKの男性が現れるという状況の中で、あえて金を払ってセックスをする必要はないからです。

逆援助交際をするには、まずはセフレや恋人として付き合って、そこから少しずつ逆援の方向へスライドしていくという流れになります。デートのときには、その関係が逆援に発展するかどうかはまだわからないのです。

セフレや恋人として付き合う女性に、金銭援助をしてもらおうと思ったら、彼女にとって必要不可欠な存在にならなくてはいけませんが、それはつまり援助が発生するのは相手次第、相手が自発的にそれを行うということです。自分のセフレや恋人がお金に困っていると聞いて、2万も3万も渡すような女性は稀だと思います。支援するとしても、数日分の食費とか、せいぜいそのくらいでしょう。ほんのお小遣い、というふうにイメージしておくのがよいと思います。

そのため逆援は、女性が援交をするよりも援助額は少なくなる傾向にあるのです。ただし、援助が自発的になされるため、金を持っている女性を相手にした場合は、通常の援交よりも多くのお金をもらえることもあります。逆援助には相場というものがないんですね。いずれにせよ、数千円だろうがなんだろうが、セックスをしてお金を貰えるのだったら、男性としてはなんでもいいと思います。金額にこだわるようなこともないですよね。では、どのようにすれば逆援助にありつくことができるのか。

逆援助交際をする準備

逆援助交際をするには、まずその相手を探す場所を見つけなければいけません。それには出会い系サイトが最適ですが、そのサイトが優良なのか、悪質なのかを見極める必要があります。後者に登録すれば、逆援助の相手どころか、メル友を作ることすら不可能ですので、注意が必要です。まずはサイト探しに励みましょう。いくつかポイントをまとめましたので、参考にしてみてくださいね。

逆援専門は悪質サイト

出会い系サイトを見ていると、ときたま、逆援専門などといったサイトを見かけることがあります。これらのサイトはすべて悪質ですので、登録してはいけません。なぜそうと言えるのかというと、私の経験もありますが、何より、逆援をする女性にとって、それらのサイトに登録するメリットはなく、また、ほぼ100%料金が男性のみ有料とされていることはもはや意味不明であるからです。

逆援専門を謳っていれば、そこに登録する男性は「逆援助を求める人」だけです。確かに、逆援を考える女性らが、そこで相手を探せば、すぐに見つかることでしょう。しかし逆に言えば、そのサイトには逆援を求める男性しかいない、選択肢が限られているのであって、そのサイトに登録することは自ら選択の幅を狭めることに他ならないのです。

普通の出会い系サイトに登録すれば、友達募集、セフレ募集、恋人募集の男性らがいます。その中に自分の好みの人もいるでしょう。今まで逆援のことなんか考えたことのなかった男性であっても、もし女性から「お金をあげるからセックスしてほしい」と言われたら、話を聞かないわけにはいきません。ましてや出会い系では、金を求める女性が大半を占めているのです。そんな状況にあることは、男性であれ、女性であれ、出会い系をちょっと使ったことのある人は、誰もが知っていることです。そこで女性のほうから逆援をもちかければ、すぐにでも相手が見つかるというのは、誰にでもわかることなのです。

ですから、普通の出会い系でも逆援の相手は探せる、つまり逆援専門のサイトに登録することは、女性側になにひとつメリットがないので、そもそもその手のサイトは成立しえないのです。これこそが、それらが悪質サイトであることの何よりの証拠です。

また、そのようなサイトは、逆援の相手が見つかるとしておきながら、何故か男性が有料とされています。それらのサイトには、セックスにお金を払ってもいいと考える気前の良い女性が集まるはずなのに、援助を受ける側である男性に「金を払え」と迫る。もう意味がわからないですよね。以上2点から、逆援専門というのは成立しえない、仕組みがおかしいというのがおわかりいただけたと思います。そんな胡散臭いサイトに登録するよりは、後に紹介する優良サイトの見極め方を参照し、それに該当するサイトに登録したほうがよいでしょう。

優良見極め方――利用規約を見る

そのサイトが優良であるかどうかを見るには、利用規約を確認するのがいちばん手っ取り早いです。これは登録前に見られるようになっていますので、必ず目を通しておくようにしましょう。ポイントは、料金と同時登録の有無です。優良出会い系サイトの料金は、メールを読むのは無料で、送るときに1通毎50円前後と設定されています。これが高いか安いかはともかく、悪質サイトではメールを読むのにも送るのにもお金がかかったり、送信に200円以上必要だったりすることがほとんどですので、優良サイトとの差は歴然です。両者を比較すれば、優良サイトのほうが圧倒的に料金が安いというのは、もう明らかなことですよね。

しかもそれだけではありません、悪質サイトではほとんどの場合、連絡先の交換は有料とされているのです。その金額はどこの悪質サイトでも大体3000円。優良サイトでは無料とされていることを、それほどの高額設定としているのが悪質サイトなのです。悪質サイトにはサクラしかいませんので、3000円を支払っても、文字化けして見えないとか、届いてないよとかごまかされ、結局直で連絡はできずに終わります。そのようにして金を稼ぐのが、悪質サイトの手口です。アドレスの送信費を含め、メール1通あたりの料金が100円を超えたら、そこは悪質サイト確定ですので、登録しないようにしましょう。

また、もうひとつ注目すべきことは、先に述べたように同時登録の有無です。同時登録というのは、そのサイトに登録すると、他の有料出会い系サイトにも勝手に自動的に登録されるというシステムです。利用規約には大体「当サイトに登録した者は、以下の提携サイトに登録することを受諾したものとする」といった書き方がされています。この文言のあとに、その提携サイトとやらがずらっと並んでいるわけです。悪質な出会い系に登録したら、メールがひっきりなしに届くようになったという話をよく聞きますが、その原因のひとつが同時登録です。このことが書かれていたら、絶対に登録してはいけません。

料金や同時登録のことは、利用規約の下のほうに書かれていることが多いので、上は読み飛ばしてその点だけ確認すればOKです。そうすれば優良サイトを発見することができるでしょう。利用規約がどこにあるのかわからない、料金のことがどこにも書かれていない、そのような場合、そのサイトは悪質とみて間違いありません。なぜそれらの情報を隠すのかといえば、後ろめたいことがあるからです。登録しないようにしてくださいね。

優良サイトに登録したら

さて、優良サイトに登録しましたら、さっそく、逆援の相手となりうる女性を探していきます。その前に、18歳以上であることの証明、年齢認証はしておいてくださいね。そうしないと連絡先が交換できなかったりして、不便なので。注意してください。

年齢認証を済ませましたら、まずは自分のプロフィールを充実させます。逆援助交際は、セフレや恋人からすこしずつ移行していくものと言いましたが、まずはそういう関係を築くのを目標に出会いを探すのなら、友達募集をしている子が最適です。そして、そのような子と会うために最も重要なことは、気が合うかどうかなんですよね。だからこそ、プロフィールを充実させておく必要があります。サイトの用意した項目は、なるべく、すべて埋めるようにしてください。

見た目ももちろん重要ですが、友達としての出会いはセックスを前提としないので、ルックスがいまいちでも会ってもらえることはあります。もちろん逆援ができるかどうかは別としてです。フィーリングが大事なので、プロフ作成をおざなりにするようなことはないように。気をつけてくださいね。

そしてなぜ友達募集の子を狙うべきかというと、先ほど言ったように、その出会いがセックスを前提としないものであるため、会うのが簡単であるからです。逆援のできる可能性が低いにしろ、会わないことには話にならないので、まずはそのハードルの低い人を狙うことをおすすめします。セフレを募集したりしている女性は、援交目当てである可能性も高いですし、そうでなくとも競争率が高いので、メールをしても会えることはあまりないです。やはりメインは友達募集の子ですね。

恋人を探しているという子を狙ってもいいのですが、その場合、ルックスが重視されます。彼女に「会ってもいいかな」「この人だったら付き合ってもいいかも」と思わせるくらいでないといけません。それは交際を前提としているので、相手に求めることが多くなってしまうのも仕方のないことです。

さて、友達募集の子にメールをするときには、なるべくブサイクな子を狙いましょう。あまり男にモテなさそうな、と言ったほうがいいかもしれません。これは、後に関係を逆援に発展させるに重要なことです。ブサイクな子というのは、男にモテず、言い寄られることも少なく、自分の好きになった人、必要だと思った人と一緒になったという経験がほとんどありません。この人を手放したら、もう次はないかもしれない。そのような感情が、逆援助交際に繋がります。高望みはせずに、あまり可愛くない子を狙ってください。ちょっとブサイクでも、スタイルは良いということもありますし、不慣れな子を自分好みに調教するのも楽しいですよ。

逆援を目指すのですから、当然彼女のことも気持ちよくしてあげないとダメですが、男慣れしていない子はちょっと可愛がってやれば満足するので、セックスに求められることのハードルも低く、顔がちょっとダメという以外はメリットばかりなのです。ぜひ狙ってください。

メールの内容は、まずは挨拶ですね。それと敬語で話すようにしてください。挨拶のあとに、何を見てメールをしたか――掲示板の書き込みなのかプロフィールなのかを書き、そのどこに興味を持って、どこに魅力を感じたかを具体的に書きます。下心を感じさせないように、あくまでピュアな関係を求めているという格好で書いてください。この部分を疎かにすると、「あぁ、この人誰でもいいんだな」と思われてしまうので、注意してくださいね。

それを書き終えたら、次に簡単な自己紹介をして、「よければお返事ください」と締めくくればOKです。礼儀正しく接し、気づいたときに褒めてあげるというのを心がけていれば、その後のメールも問題ないでしょう。話が盛り上がって、メール文もだいぶ長くなってきたと思ったら、連絡先の交換に誘うなり、「話しててすごく楽しい」などと伝えるとともに「一回会ってみませんか?」と言うなりしてみてください。

このときの成功率は、私の体感では3分の1くらいです。もし断られたら、その後何通かやりとりをして、まったく連絡先の交換に応じてくれる気配がなければ、最終通告的に「最後にお願い」とメアドなりLINEのIDなりの交換を申し出ましょう。そこでも断られたら、もうメールはしなくて結構です。相手にするだけ時間の無駄なので。

失敗しないための参照記事【初心者必読!逆援関係を持ち、長続きさせる注意点とポイント

会ってからどうする?


会ってからは、ともかくその女性と交際する、セックスすることを目指します。もし相手がブサイクな子であれば、あなたは恋人と思おうと、セフレと思おうと自由ですが、彼女からはあなたが恋人に見えるような関係を目指すの逆援への近道です。自分の好きな人に接するように、彼女を「おもてなし」してあげましょう。ブサイクな子は男に優しくされることに慣れていないので、紳士的に振舞っていればころっと騙されます。本当に簡単ですし、誰にでもできます。お酒を飲みにいくなどして、楽しくおしゃべりしながら、時折彼女を褒める、意見や考えを一切否定せず全面的に肯定してやるというのを心がけていれば、自然と相手はあなたに好意を抱くはずです。酔って判断力も鈍るので、その日のうちにセックスするのも、そう難しいことではないと思います。

そうして、相手があなたのことを本気で愛し、恋人になることを希望してきたら、もしくはあなたから好きと伝えてしまってもいいですが、ともかく交際することになったら、最初は普通にデートを重ねて、おもてなしを続けてください。全力で愛してあげてください。二人でいるのが当たり前のようになってきたところで、ようやく、逆援助に向けて動きだします。

まずは、金がないからという理由で、安上がりな遊びをしてみてください。次に、同じく金がないからという理由で、デートを断ってください。おそらく相手は不機嫌になるでしょうが、断ったあとは一切連絡しないようにします。そうすれば、彼女はあなたの他に誰もいないのです、自ら連絡を寄越してくるでしょう。そこでたとえば、仕事を辞めたとか、財布を落としてしまったとか、そのような理由から金がないことを伝えます。その後も貧乏が続くような理由がいちばん良いですね。

それを言ったうえで「お金なくて格好悪いし、情けないから、どうしても会う気になれなかった。本当にごめん」と言いましょう。彼女が本気であなたのことを好きなら、「じゃあしばらくは私が払うよ」とか「面倒見るよ」とか言ってくれるはずです。彼女にご飯なりホテル代なりを奢らせて、それを習慣づけていく、彼女がデート費を持つのを当たり前にする、このようにしてすこしずつ逆援の方向へ持っていきます。2日なにも食べてないとでも言えば小遣いを貰えることもあるでしょう。もっともらしい理由をつけて、自発的に支援するよう促すのがポイントです。

もちろんこの関係は長続きはしません。彼女と付き合いながら、逆援相手を継続して探していくのがよいでしょう。そうすれば切れ間なく、逆援生活を楽しむことができます。

初心者必読!逆援関係を持ち、長続きさせる注意点とポイント

逆援助交際をするとき、男性はその女性への接し方において、注意すべきことがいくつかあります。それを無視すると、相手にそっぽを向かれてしまう、嫌われてしまう、つまり関係が長続きしない可能性がありますので、きちんと頭に入れておいて、彼女との逆援生活を楽しんでくださいね。

それでは注意すべきこととは一体何か。以下にまとめましたので、ご覧ください。

女性へ尽くすというのを忘れない

逆援をする女性というのは、男性に尽くしてほしい、自分の言うことを聞いてほしいという気持ちが少なからずあります。それに応えてやらないと、逆援を始めることも、関係を長続きさせることもできません。逆援におけるセックスはすべて女性本意であることを覚えておいてください。たとえば彼女がクンニをしてほしいと言えば、これに応じてあげます。もしかしたら私が何回イクまでといった指定もあるかもしれません。そういうものにすべて応えてやることが、逆援助交際を続けていくポイントです。

通常の援交でも、ひどく態度の悪い女性がいることは、みなさんご存知かと思います。セックスの最中に携帯電話をいじりだすとか、フェラチオなど特定のプレイを嫌がるとか、そういう態度を取る女性ですね。みなさんが援助する側であれば、こんな女には1円たりとも払いたくないと思うはずです。貰う側なのだからしっかり仕事をしろと思うことでしょう。自分が援助を受ける側になったときに、それら態度の悪い女性と同じようなことをしてしまわぬよう、注意してくださいね。

時間や会う場所に文句をつけない

女性に尽くすというのは、何もセックスの内容のことだけではありません。援助交際というのは、支援する側が、相手について「金を払う価値がある」と感じられて初めて成立するものです。セックスだけでなく、その他の面でも女性をフォローしてやると、関係は長続きしていくことでしょう。その一環として、場所や時間のことがあるのです。

たとえばあなたは、呼べばいつでも家に来てくれて、自分の言うとおりのプレイをしてくれる女性がいるとすれば、お金を払ってもいいかなと思いませんか? そのような、自分にとって都合の良い存在を、人は「買いたい」と思うものなのです。それは逆援でも同じこと。相手が、ここで何時に会いたいと言えば、それに文句をつけず、すぐに飛んでいきましょう。仕事など避けられない用事でない限りは、彼女を最優先に考えることです。そうすることによって逆援という関係性は長続きしていくのです。

しかし時には、仕事中であっても「来い」と言うような、無茶な女性もいるかもしれません。外回りのふりをして彼女の家に赴き、さくっとエッチできるような立場にあればいいですが、それが難しいという方も多いと思います。そんなときには一度、謝罪とともに「仕事で行くことができない」と断ったうえで、それでもしつこく言ってくるようなら、「仕事するよりもたくさんお金くれるなら行きますよ」と言ってみましょう。おそらくそれで黙るはずです。

そうする場合は、フォローも忘れずにしてくださいね。逆援をする女性というのは、男性にあまり慣れていないことが多いため、冷たくするとあなたの想像以上に傷つきます。ただ同様に男性に優しくされるとあなたが想像する以上に気分を良くするので、関係を立て直すことも簡単です。

結婚を匂わせる発言はダメ

逆援をするときには、お金に困っているのをアピールすることも必要です。俺金持ちなんだー、と言っている男性はまず間違いなく逆援はできませんからね。しかし、そのときに絶対してはいけないのが、結婚を匂わす発言です。同様に、たとえば車で事故をして慰謝料が、とか、親が病気になって、とか、そういった嘘をついて支援を求めるのもダメです。あくまでも自分の生活の範囲で、お金がないからカップラーメンばかり食べているとか、欲しいものがあるけど高くて買えないとか、そういった形でお金のなさをアピールしてください。

何故結婚を匂わすような発言をしてはいけないのかというと、そういった嘘をついて金を受け取った場合、結婚詐欺に該当する可能性がきわめて高いからです。あなたはおそらくその女性とは結婚するつもりはないのだと思います。にも関わらず「結婚する」ということを告げ、なおかつ上記のような事故や病気といった嘘の事情を説明し、援助を受けた場合、法的に「アウト」である可能性が高いです。

逆援という関係は、恋愛から徐々にスライドして成立するものであります。どういった発言がアウトで、セーフなのか、詐欺罪に問われることのないよう、自分の言動には常に注意を払ってください。こちらが何を言わずとも、向こうがお小遣いをくれるという関係を築くのがベストですね。

定期的に「好き」と言ってあげよう!


逆援を続けていくのに重要なのは、上記の注意点はもちろんのこと、彼女にいかに甘えるかということだと思います。あなたも、自分に甘えてくる女の子を可愛いと思ったことはありますよね。たとえば風俗といった場所であっても、自ら腕を絡めてくる、キスをせがんでくる、一所懸命ご奉仕してくれて、時には「こうしてほしい」とおねだりをしてくる、そんな嬢と当たったら、この子にならお金を払ってもいいと思いますよね。このように甘え上手な人というのは、価値を見出してもらえる可能性が高いのです。

男性の場合は、あまりべたべたすると引かれてしまうかもしれません。それを避ける代わりに、定期的に「好き」と伝えてあげると効果的です。特に、セックスをするときに、「好きだよ」と言ってみる、これは非常に有効だと思われます。

性的に興奮しているときというのは、普段隠している本音が口をついて出るものです。あまり好きと口にしない人でも、セックスのときには思わずその言葉を言ってしまう人は少なくないでしょう。射精をしたあとに、彼女にぎゅっと抱きついて、好きだと伝え、キスをする。そんなふうにすれば、彼女はますますあなたに夢中になると思います。そのようにして上手に甘えることができれば、関係は長続きしていくことでしょう。

逆援は相手の言いなりにならなければならないので、面倒な部分も多々あるかと思いますが、お金を貰ってセックスをするというのはそういうことなのです。贅沢を言わずに、彼女と付き合っていってくださいね。